総監督 井脇幸江

総監督 井脇幸江

Iwaki Ballet Company 代表。井脇幸江バレエスタジオ主宰。元東京バレエ団プリンシパル。

類まれなる表現力と美貌で日本のみならず世界でも評価を得ている。
8歳より東京バレエ団付属の東京バレエ学校にてバレエを始め、18歳で同団に入団。コール・ド・バレエを経てソリスト、プリンシパルと上り詰めた。
主な出演作品に『くるみ割り人形』『白鳥の湖』主演、『眠れる森の美女』のリラの精とカラボス、『ジゼル』のミルタとバチルド姫、『ドン・キホーテ』のメルセデスとジプシーの女など、個性的な役柄を得意とする一方、モーリス・ベジャールの『春の祭典』『バクチⅢ』『ギリシャの踊り』、イリ・キリアンの『ステッピング・ストーンズ』『ドリームタイム』、ジョン・ノイマイヤーの『スプリング・アンド・フォール』といった当代きっての振付家たちの代表作を踊っている。特にベジャール本人からは「春の祭典」の生贄を「最高の生贄」と絶賛された。
また、ベジャール振付『M』、キリアン振付『パーフェクト・コンセプション』、ノイマイヤー振付『時節の色』など、世界初演作品にはオリジナル・キャストとして選ばれ、制作過程から参加。巨匠ズービン・メータの指揮では『春の祭典』をベジャールバレエ団のオスカー・シャコンと踊り大きな喝采を浴びた。『牧神の午後』では元パリ・オペラ座バレエ団のエトワール、シャルル・ジュドや、ベルリン国立バレエ団の芸術監督ウラジミール・マラーホフを相手に踊り、高い評価を得ている。指導者としての評価も高く、日本各地へゲスト教師として招かれている。年齢や性別、プロ・アマを問わずそのノウハウを惜しみなく教えることに定評があり、彼女のクラスを受講した生徒は異口同音に「自分の成長を感じさせてくれる先生」と称し、人気は高い。2007年には待望の井脇幸江バレエスタジオを開設。 2012年8月に Iwaki Ballet Company(IBC)を立ち上げ、12月には旗揚げ公演『ジゼル』全幕を上演。2013年3月には、国内外を問わず親交の深い一流ダンサー、振付家を集めたガラ公演を成功させた。2013年9月「井脇幸江の語る講演会」では、バレエ評論家の長野由紀氏との対談や、ダンスパフォーマンスを通して好評を博した。
同年10月には、『ドン・キホーテ』全幕を上演。
自ら主演する傍ら、芸術監督しても活動し、豊富な経験をもとにドラマ性豊かな舞台を作り上げ、好評を得ている。
2015年2月には『眠りの森の美女』全幕公演を企画。トップダンサーとしてだけではなく、創作活動にも意欲を示し、バレエ界から注目を受けている。